転院してKLCで不妊治療

37歳二人目男性不妊、KLCで顕微授精。検査薬フライング画像あり→出産しました

管理人について

      2016/11/01

H.N:某ママ

年齢:36

職業:専業主婦

家族:夫31歳、息子4歳

家族の歴史:

結婚。その後1年間は共働きの気ままなDINKS暮らし
主人の地方転勤を期に退職し、子作りスタート。基礎体温排卵検査薬でタイミングをとるが全く妊娠せず。1年後都内の某有名不妊治療専門病院に通いだす。
超音波検査でタイミングを見ながら10ヶ月経ち自然妊娠。
10ヵ月後出産
10ヵ月後、生理再開。二人目を考え、タイミング法で子作りスタート。
半年ほど経ってから再度病院へ。
忙しくて後回しにしていた精液検査をした結果、男性不妊(乏精子症)が発覚。
初の人工授精(AIH) → 陰性
2回目の人工授精 → 陰性
3回目の人工授精 → 陰性
体外受精治療開始
第一回目 採卵7個 → 受精卵3個
凍結卵 初期分割胚1個胚盤胞0個 
年末年始連休の為、1周期見送り

ブログの目的:

まだ二人目の不妊治療途中です。現在体外受精治療中です。

事前にネットで”体外受精”について検索すると、検索結果が真っ赤になっているほど調べまくりました。ですが、「採卵が~!」とか、「移植しました~!」とか言われても、体験したことがない私にはいまいちピンと来ません。
私は実際に自分が治療を始めて初めて「あぁ、体外受精とはこういうことなんだ」とわかりました(私の理解力がないだけかもしれませんが・・・)。このブログでは難しい専門用語はなるべく使わないようにして解りやすく、「体外受精では一体なにやんのよ??」という事に焦点を当てて綴っていきたいと思っています。

 - ■管理人について , , , ,