転院してKLCで不妊治療

37歳二人目男性不妊、KLCで顕微授精。検査薬フライング画像あり→出産しました

25,体外受精3周期目【D30/ET10】フライング検査&友人の病院との比較

      2016/02/17

ET10(移植日から11日目)の昨日、またしてもフライングしてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

その結果は・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

s-et10

 

真っ白 part2

 

 

 

じ~~~~~っと目を皿のようにして眺めても、6時間経ってもなーーーも見えません。なああああんも。

 

 

さすがにガッカリ来ますね。もうすでに40万以上払ってますから。病院も先生も看護婦さんも培養士さんも何も悪くないのに変に疑いの目を持ってしまいます・・・心が荒んでいる証拠ですね~。

 

 

それでも諦めきれず「陰性から陽性」なんてGoogleで検索してしまう自分がいます。やっぱり希望は捨てきれない・・・。ルトラールも継続です。

 

 

とりあえずこれ以上考えても仕方が無いので・・・今日はちょっと話題を変えて病院の話です。

 

 

実は私の友達で同じく体外受精をしている子がいるのですが、彼女の病院と私の病院は治療方針が全然違います。もちろん、個人個人の体が違うのでその人に合った治療が違うのは当たり前ですが・・・。

 

 

  • 私も彼女も初の体外受精、一回目です
  • 友人は夫婦共に問題ない原因不明不妊
  • 私達夫婦=妻36歳夫33歳(乏精子症)
  • 友人夫婦=妻36歳夫39歳
  • 私も友人もAIHを3回ほど実施済み

 

私が通うクリニック

  • 採卵周期:刺激しまくりで卵をいっぱい取るために注射いっぱい薬いっぱい(卵は10個など沢山採れる)
  • 培養:できれば胚盤胞までがんばる
  • 移植周期:ホルモン投与しまくり、子宮内膜を厚くする
  • メリット:受精卵が沢山凍結できれば、長い目で見て負担が少ない。また、妊娠率はより高くなる。様々な方法を試せるので次の目安がたてやすい。(例:体外と顕微を分けてやってみる、初期胚、桑実胚、胚盤胞、とそれぞれ育ててみて凍結できる。薬でキッチリとスケジュール管理をするので採卵前に排卵してしまったりする心配はほぼない。
  • デメリット:採卵周期になんどもクリニックへ行かなければならない。卵巣刺激しまくりなので、移植は次周期まで待たなければならない。薬やホルモン剤投与を沢山行うので身体的負担が大きく、もし1度で妊娠した場合結果的には費用がかなりかかる。なるべく自然に近い治療の方が合っている人には向かない。
  • 体外受精1回分(採卵、凍結、移植)の金額:約40~50万+成功報酬25万
  • 移植5回分の金額(採卵5個の場合):40万+10万+10万+10万+10万+成功報酬25万=85万

私の通うクリニックの先生は「可能性があるならできるだけ試してみよう」という人なので、とりあえずスタンダードな体外受精の方法を試してみたのだと思います。

友人が通うクリニック

  • 採卵周期:クロミッドなどの経口薬だけでかなりの低刺激(卵は平均1~2個くらいしか採れない)
  • 培養:初期~桑実胚まで
  • 移植周期:ルトラールくらい
  • メリット:なるべく自然に近い形で治療するので身体的にも経済的にも負担が少ない。採卵後すぐに移植するので余計な待ち時間はない。
  • デメリット:卵巣を刺激しないので多くても2個くらいしか採れない。1、2回で妊娠しなければまた採卵からしなければならず、長い目でみれば返って高くなる。薬できっちりスケジュール管理しないので採卵のドンピシャなタイミングは掴みづらい。
  • 体外受精1回分(採卵、移植)の金額:約30万
  • 移植5回分の金額(採卵2個ずつの場合)30万+30万+30万=90万

友人が通うクリニックはなるべく自然に近い形で・・・という方針の先生みたいで、同じクリニックに通う他の方のブログを読んでみてもやはり友人と同じような治療法でした。

 

・・・・ざっと比較するとこんな感じです。私も彼女もまだ1回目の体外なのでなんとなくお金だけで彼女の病院の方が良いな~と思ったのですが、よくよく比較してみるとどちらがよいともいえないなと思いました。ネットでも色々調べましたが、不妊治療は不確定な要素が多いので、担当の先生や病院の方針が全然違うみたいです。中には「胚盤胞しか移植しない」とか「新鮮胚移植しない」なんて所もあるらしいです。

 

でも、こればかりは単に“妊娠率”ではわかりません。例えば「胚盤胞まで育てた方が妊娠の確率が高い」なんてよく聞きますが、初期胚のまま体内に戻した方が着床しやすい体質という人もいるらしいので、一概に何が良くて何がダメとはいえないのだと思います。

 

体外受精は本当に運ですよね。1回の料金が全部で5万くらいで済むなら、「とりあえず5回くらいは頑張ってみようかな」と(今よりは)気軽に思えるし、不妊の原因も見えてくる(可能性が高い)と思うのですが、そうも行かないのがこの値段の高さ。現代の医療技術等からして仕方がない値段なのかもしれないけど、やっぱり辛いですよね、この金額。

 

今回採卵~移植してみて思ったことは、私達の場合やはり精子の問題が大きい気がします。7つの卵の内、3つしか受精せず(通常、受精率は8割を超えます)しかも3つの内2つは顕微授精したものが分割ストップ。残ったのは1つだけでした。私の卵子の質の問題もあるかもしれませんが、初期胚を中に戻してすぐに分割ストップしたんじゃないかなーと・・・。原因不明の乏精子症の場合これといった治療法が存在しません。漢方薬などで治る人もいるみたいですが・・・補中益気湯では全然効きませんでした。

今後どうしようか色々と考えています。

  • 本格的な男性不妊専門病院で治療をしてもらう
  • 採卵前に何度か病院で採精して、運動率が良かったものなどを凍結しておく
  • 病院を変えて、自然に近い方針の所に変えてみる

どれが良いのか今はわかりません・・・。来週の月曜に判定日なのでこの日に先生に相談してみます。

それにしても、陰性とわかっているのに行くのは嫌だなあ・・・。

 - 【1軒目Hクリニック8】体外受精 - 移植周期